実施中 農村地域防災減災事業(用排水施設等整備) 河原地区

 

事業概要

事業名 県営土地改良事業
農村地域防災減災事業《用排水施設等整備》
地区名 河原地区
受益面積 26.3ha
事業工期 平成30年度~平成32年度
事業費 300,000千円
事業内容 鋼製起伏堰   1.0式
(ゴム袋体支持式)
図面等 計画一般図(pdf)

 

目 的

 河原頭首工(かわはらとうしゅこう)は、昭和50年代に農地災害復旧事業により築造されたゴム引布製起伏堰であるが、近年、豪雨が頻発しかつ、上流側区域において地域開発が行われているなど、自然的・社会的状況に変化が生じている。また、耐用年数の経過によりゴム袋体及び給排気管の老朽化が著しい状態であり、小規模な災害が多発して、水管理及び維持管理に大変苦慮している。
このような状況の中、増加傾向にある豪雨により本施設に起因する甚大な災害が発生した場合、周辺農地の浸水被害や農業用施設、公共施設、近隣家屋等への被害が想定され、安定した営農や日常生活に支障が生じることが考えられる。
このことから、早急に施設機能を回復し災害を未然に防ぐとともに農業用用水を安定供給することにより農業生産の維持及び農業経営の安定を図り、併せて国土の保全に資するものである。

 

現状写真

堰全景

ゴム摩耗状況

漏水状況

護岸状況

 

 

 


2018年05月17日