実施中 農村地域防災減災事業(ため池整備) 法楽寺大池地区

 

事業概要

事業名 県営土地改良事業
農村地域防災減災事業《ため池整備》
地区名 法楽寺大池地区
受益面積 15ha
事業工期 平成29年度~平成32年度
事業費 180,000千円
事業内容 堤体工   1.0式
洪水吐工  1.0式
取水工   1.0式
図面等 計画一般図(pdf)

 

目 的

 本地区の水源である法楽寺大池(ほうらくじおおいけ)は、明治以前に築造され、その後、昭和46年度に堤体、洪水吐、取水施設等の改修が行われている。
現在の堤体は、堤体天端道路の舗装に亀裂が入り陥没が進行していることと、上下流の法面勾配が1:1.3程度と堤高に対し急な勾配であるため、堤体が不安定な状況であり、堤体の改修が必要である。
現状での継続利用は、ため池の貯留機能を低下させるとともに、洪水時において、ため池の決壊の恐れにつながり、農地のみならず、下流域における人家等への甚大な被害が想定され、早急に施設の改修を行う必要がある。
そのため、本事業によりため池改修を行い、用水源の確保と災害を未然に防止するとともに、地域農業の発展を図るものである。


 

現状写真

溜池沈下クラック状況

溜池全景

 

 

 


2018年05月17日